一食置き換えダイエットにこんにゃくを使用

過去に様々な一食置き換えダイエットをしてきましたが、その中でこんにゃくを使用した一食置き換えダイエットをした時の体験談をこれから語っていきます。こんにゃくは低カロリーの食材でもありますので、ダイエットには最適だと考えました。ただし、朝食や昼食にこんにゃくだけの食事だとさすがにお腹が減り過ぎてしまって断念しました。そこで結論としては、夕食をこんにゃくに置き換えることにしました。

その方がストレスなく続けられると思ったからです。またこんにゃくの置き換えダイエットで気を付けたことは、食べ過ぎないことでした。こんにゃくはグルコマンナンという食物繊維が主な成分になっています。このグルコマンナンは満腹感を得られやすい反面、水を吸収しやすくなっています。そのためこんにゃくの食べ過ぎは返って、体重が増加してしまうこともあります。それとグルコマンナンを摂取過ぎると腸内で詰まってしまって腸閉塞を引き起こすこともあります。

そうしたリスクもありますので、こんにゃくの置き換えダイエットをする場合には注意していました。なお、こんにゃくの一食置き換えダイエットを始めた頃は、こんにゃくを食べやすいようにカットして何も付けずにそのまま食べていました。何も味がしないのでそれほど多く食べることはできませんでした。ただそれでも満腹感は得られましたので、しばらくは続けられました。1ヵ月を過ぎた頃に体重がマイナス2kgほど落ちたので、効果はあることは実感しました。ただしこれを2ヵ月も3ヵ月も続けていくには、相当の覚悟が必要だと思いました。

こんにゃくは元々それほど好きではなかったので、できれば好きな食材を一食置き換えダイエットにできればと思っていました。こんにゃくの一食置き換えダイエットをしながら、別の一食置き換えダイエットに関する情報も並行してリサーチをしていました。こんにゃくを置き換えダイエットとして始めて2ヵ月くらい経過してから、別の食材で一食置き換えダイエットをしました。ダイエット効果はありましたが、よりストレスがないやり方でしたかったのでこんにゃくの置き換えダイエットはいったん終了することにしました。